自宅を快適で過ごしやすい環境にするための様々な工夫

最新の蛍光灯

LED蛍光灯により得られるメリット

LED蛍光灯は従来の蛍光灯と違いLEDを使用しているもので最近その数を増やしています。LED蛍光灯のメリットとして挙げられるものとして耐久年数と消費電力の少なさがあります。しかし、そのまま使用するとそのメリットをあまり得ることはできません。耐久年数についていえば、周辺の温度が40度以上になると寿命が短くなってしまうので温度の高くなるところでの使用はやめた方がいいです。他にも、スイッチのオンオフを繰り返すことでも劣化が進んでしまうため注意が必要です。 そのほかの、工夫するべきポイントとしてはLED蛍光灯を従来の蛍光灯と入れ替えた場合少し暗く感じてしまうことがあります。これはLEDの光で指向性が強いことによるもので向きを変えてみましょう。

現在の状況とこれからの傾向

LED蛍光灯の価格はまだ高く感じるものも多くこれからの課題として値下げが挙げられます。しかし、販売数が増えることで低価格化も進み解決する問題であるといえます。 現在、従来の蛍光灯からLED蛍光灯に変えていくことに関しては疑問視する声もありますが、白熱電球からLED照明に変えることは賛同を得ています。これは、もともと蛍光灯の寿命や発光効率などの能力が高いことからLED化によるメリットをあまり受けることができないからです。それとは違い、白熱電球をLED化する場合には白熱電球のデメリットを補う形で導入することができるため積極的に変更されています。しかし、LEDの技術の進化は目覚ましいものがあり今後はもっと省エネなものが開発されると思われます。

このエントリーをはてなブックマークに追加